基地関係のニュースは全国ニュースでは滅多に報道されませんので、全国各地のニュースを共有しませんか。
当ブログに日本各地からの地元のニュース等を書いて下さる方を募集してます。
ご希望の方は、下の連絡用メールフォームをクリックして、必要事項を書いて送信してください。

連絡用メールフォーム
選考した後、参加方法をメールでお知らせします。


基地問題について考えるウェブリング
参加サイト募集中!

2008年05月21日

講演会ー米軍再編で“自衛隊再編”がどう進むか 【転載】

************************************
戦争を考える<シリーズ28>

―「対テロ戦争」のために世界中で進められている「米軍再編」―
米軍再編で“自衛隊再編”がどう進むか

2008年 6月14日(土) 13:30〜
お話:半田 滋 さん(東京新聞編集委員、2007年平和共同ジャーナリスト基金大
賞受賞)


場所:三鷹市市民協働センター (三鷹駅南口徒歩約15分 0422-46-0048)
資料代:600円

うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会
(連絡先:042-592-3806 古荘)


***********************************

三多摩にある横田基地には、2010 年をめどに航空自衛隊の航空総隊司令部
が移転してくる。すでに「共同統合運用調整所」という名の日米の共同作戦
司令部が設置されたという報道もある。

アフガン戦争、イラク戦争など、これまでも米軍は世界中で戦争を繰り広げ
てきた。「米軍再編」で米軍はこれまで以上に、いつでも世界のどこにでも、
部隊を展開させ、戦争を始めることができる。

そして、この「米軍再編」は、「同盟国」としての日本の自衛隊の姿をも“再
編”させている。基地の共同使用、部隊の統合運用、情報システムのネット
ワーク化、「ミサイル防衛」など、日米軍事一体化はかつてないほどに高まっ
ている。つまり、「米軍再編」は同時に「自衛隊再編」でもある。

いま自衛隊では、「米軍再編」によって、何が起こり、何が起ころうとして
いるのか? 防衛汚職やイ−ジス艦事故の問題も、けっして「米軍再編」と
無縁ではない。

今回の<戦争を考えるシリーズ>は、「米軍再編」で進む“自衛隊再編”に
ついて考えます。

***********************************

半田 滋 さんのプロフィール
半田 滋(はんだ・しげる)さん
1955(昭和30)年 栃木県宇都宮市生まれ。下野新聞社を経て、91 年中日
新聞社入社、現在まで東京新聞編集局社会部勤務。93 年防衛庁防衛研究
所特別課程修了。92 年より防衛庁(現・防衛省)取材を担当し、自衛隊の
「表」と「裏」を見続けてきた。米国、ロシア、韓国、カンボジア、イラクなど
自衛隊の活動にまつわる海外取材の経験豊富。防衛政策や自衛隊、米軍
の活動について、新聞や月刊誌、専門誌に論考を多数発表している。
著作に「自衛隊VS. 北朝鮮」新潮新書 (2003年) 、「闘えない軍隊」講談
社+α新書 (2005年)

***********************************
posted by otoshi at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横田
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97406391
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。