基地関係のニュースは全国ニュースでは滅多に報道されませんので、全国各地のニュースを共有しませんか。
当ブログに日本各地からの地元のニュース等を書いて下さる方を募集してます。
ご希望の方は、下の連絡用メールフォームをクリックして、必要事項を書いて送信してください。

連絡用メールフォーム
選考した後、参加方法をメールでお知らせします。


基地問題について考えるウェブリング
参加サイト募集中!

2008年05月05日

「許すな米軍犯罪! 基地と女性への暴力」6・8集会(福岡)

 2月沖縄女子中学生暴行事件、3月横須賀タクシー運転手殺人事件など、
あいついで米軍による犯罪、事件・事故が全国で繰り返されています。
日米両政府は日米地位協定の改定や基地撤去の方向ではなく、
「綱紀粛正」と「運用の改善」で決着をめざしています。
事件の捜査・裁判や被害者の救済・補償など、被害者や基地周辺自治体の意思は無視されたままです。
思いやり予算で米軍駐留経費を湯水のようにつかい、現在日米両政府は米軍再編をすすめています。
住民の生活や生命がおびやかされ、米軍による犯罪の拡大が危惧されます。
 実際沖縄、横須賀、岩国など基地周辺の人々から「現在進む米軍再編では、
さらに女性の性被害が固定化されるだろう」という声が上がっています。
米軍基地 そのものの撤去をもとめて、沖縄・アジアの米軍基地に対する女性たちの闘いや
昨秋広島でおきた岩国基地所属の米兵集団暴行事件(広島事件)に詳しい藤目ゆきさんを講師に、
「米軍犯罪・基地と女性への暴力」をテーマに基地問題について考えていきます。
 みなさんのご参加をお願いします。

日 時 2008年6月8日(日曜日) 午後1時30分より
会 場 カテドラル大名町カトリック教会(西鉄グランドホテル前)
     地図→ http://tinyurl.com/4gcnzn
     福岡市中央区大名2−7−7 TEL092−741−3687
     http://church.jp/catholic-daimyoumachi/

講 演  藤目 ゆき さん(大阪大学教員、日本近代史・女性史専攻)
     http://www.osaka-gaidai.ac.jp/~ccs/text_3.html#fujime

プロフィール
 アジア現代女性史研究会代表、「軍事基地と女性」ネットワーク運営委員

主な著書・訳書・論文・共著・編集
 アジア現代女性史全10巻(監修)明石書店 刊行中
 「冷戦体制形成期の女性運動−占領下の日本民主婦人協議会と朝鮮戦争」三宅
義子編 『日本社会とジェンダー』明石書店2001年
 『性の歴史学−公娼制度、堕胎罪体制から売春防止法・優性保護法体制へ』不
二出版1997年(山川菊栄賞受賞)
 『地球のおんなたち』嵯峨野書院1996年
 マリア・ロサ.L.ヘンソン『ある日本軍「慰安婦」の回想−フィリピンの現代
史を生きて』(編訳)岩波書店1995年
 『花ひらく−ならの女性生活史』奈良県1995年
 『京の女性史』京都府1995年
 『ジェンダーの日本史』東京大学出版会1994年
 『大阪社会労働運動史』第二巻(戦前編下)大阪社会運動協会1989年
 など

参加費 800円

主 催 沖縄とむすぶ市民行動・福岡
 連絡先 福岡市東区舞松原5−27−25 おかもと小児科クリニック気付
     TEL 092−661−5520
      090−1364−2261(木下)
     MAIL okimusu@fukuoka.nifty.jp
posted by otoshi at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍基地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。