基地関係のニュースは全国ニュースでは滅多に報道されませんので、全国各地のニュースを共有しませんか。
当ブログに日本各地からの地元のニュース等を書いて下さる方を募集してます。
ご希望の方は、下の連絡用メールフォームをクリックして、必要事項を書いて送信してください。

連絡用メールフォーム
選考した後、参加方法をメールでお知らせします。


基地問題について考えるウェブリング
参加サイト募集中!

2008年02月19日

岩国市長選を振り返る(その1)

空母艦載機移転に伴う2月10日の選挙により
岩国の民意は大きく二分されるという結果にいたった。
艦載機容認派でこの度当選した福田良彦氏は
47081票、反対派の井原勝介 元岩国市長は45299票
とわずか1782票と言う僅差で福田氏の当選となった。
しかし、なぜここまで岩国を二分するような状況に
いたってしまったのか、それを考えてみたい。


<いきさつ>

まず今回の選挙にいたった経緯を簡単に述べることとする。
アメリカが進めてきている在日米軍再編の中で2005年10月29日に
厚木基地に配属されている空母艦載機岩国基地に移駐させる計画が
浮上してきたことに始まる。また、この再編により
59機もの空母艦載機が岩国に移駐するということからも
私たち岩国市民にとっては大きな衝撃であった。岩国という街は
今までは基地と共存共栄をしてきた町であった。以前にも
空中給油機部隊(KC-130)の受け入れなどにも協力してきた
過去もあったが、今回の空母艦載機の移転は規模が大きすぎる
ため市民の安全を考えれば到底移駐は容認できないと井原勝介
前岩国市長は移駐反対を掲げたのです。しかしながら、今回の
艦載機移駐により経済支援を得ようと考えた市議会、商工会
などの抵抗にあい膠着状態に陥っていたのです。


このため井原前市長は、市民の民意を問うことでこの問題の
解決を図ることとしたのです。岩国市住民投票条例に基づき
2006年3月12日を投票日となりました。この住民投票は投票有資格者の
半数が投票しなければ有効とはされないと定められており
移駐容認の人々は住民投票自体の成立を阻止しようと投票に行かない運動を
行ったり、投票に行く、投票に行かないという間違った構図での
住民投票になってしまったのです。この住民投票の結果
投票率は全有資格者の58.68%となり、住民投票は成立。その上で、
空母艦載機受け入れに反対が43,433票となり、賛成5,369票
と反対が大きく上回った。これにより、井原勝介前市長は
岩国市民の民意は移駐反対にあるとし、以後反対を貫くこととなったのです。
しかし、この住民投票には難しい面もありました。岩国市はその当時
合併を控えておりこの投票には新岩国市民の意思が入っていない
ことからも今後に課題を残す結果になったのです。

2006年4月23日、新しい岩国になった最初の市長選挙において
移転容認の候補を破り、井原前市長が当選されました。その結果を受け
国は米軍再編をどうしても推し進めるためにとても卑劣な
行為に出たのです。岩国市は耐震などの問題から今ある市役所
を取り壊し、新しい庁舎を建設することとなっていました。それは
1996年の沖縄に関する特別行動委員会 (SACO)での合意、
簡単に言えばKC−130の受け入れを容認したことによって約束された
補助金(2005年より3年間)を2007年度予算に計上しない暴挙に
出たのです。これにより、岩国市は兵糧攻め状態になったのです。
これは国による地方自治体虐めの他ならない。岩国市庁舎の
建設工事は進むが、予算が支払われない、そこで井原前市長は
苦肉の策で合併特例債によりカットされた35億の穴埋めに
あて乗り切ろうと考え、予算を市議会に上げました。しかし
そこでもとんでもないことになりました。

国との交渉によりお金を持ってきたい市議会側はなんと
岩国市の600億円の予算を否決してしまったのです。
自分たちの思惑をとうそうとするためだけに
市民にとってとても大切な予算を人質にとって、
井原前市長を陥れようとした。最終的には井原前市長は
自分の首と引き換えにし予算を通してほしいと
辞職をし予算を通すこととなったのです。この井原前市長の辞職により
岩国を2分することとなった2008年2月10日の岩国市長選に
いたったのです。

(その2に続く)
posted by キムキム at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岩国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84789795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。