基地関係のニュースは全国ニュースでは滅多に報道されませんので、全国各地のニュースを共有しませんか。
当ブログに日本各地からの地元のニュース等を書いて下さる方を募集してます。
ご希望の方は、下の連絡用メールフォームをクリックして、必要事項を書いて送信してください。

連絡用メールフォーム
選考した後、参加方法をメールでお知らせします。


基地問題について考えるウェブリング
参加サイト募集中!

2008年08月19日

国との水面下での交渉やっと認めるが・・・

岩国市が民間空港再開を進める見返りに、国が同市の愛宕山地域開発事業跡地での米軍住宅化にするという水面下で行われていたことが、8/17に市の内部資料で分かったと、中国新聞と毎日新聞で報じられました。

愛宕山米軍住宅化を国が打診ー中国新聞ー

毎日新聞では、ちょっと切り口の違った記事が掲載されています。
在日米軍再編:岩国市の愛宕山開発 国、県が市に意向確認 /山口ー毎日新聞ー

内部資料の内容は、2008年4月7日と4月15日に市長らが参加して行われた協議の報告書で、国から民間空港再開はあくまでも市からの要望とした上で、水面下でもいいから米軍住宅建設了承の意思を明確にして欲しいと打診されたものです。

このような話は、地元ではニュースとして報道されるよりずっと前からありました。
2月の市長選挙後、事実上の基地容認発言がされてから、まことしやかにささやかれていたような記憶があります。
ようやく今頃になって報道されるようになったか、というのが正直な感想です。
4月での協議の事が今頃報道されるということは、実際は水面下でかなりの段階まで話が進んでいる可能性があります。
計画を止める事は容易ではないでしょう。
しかし、それだからといってあきらめないでほしいと思います。
どうすればいいか考えるには、まず真実を知る必要があります。
夏休みもあと僅かです。
まだまだ暑い日が続きますが、少しでも興味を持ってもらえるならば、現在の愛宕山を実際に見に行って下さい。
きっと何かが感じられるはずです。

posted by otoshi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岩国

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。